今日は小寒。
寒の入りですね。
【暦便覧】によると「冬至より一陽起こるが故に陰気に逆らう故、ますます冷ゆるなり」とあります。
冬至を過ぎ、陽の気が起こるとそれに対抗して陰の気が強くなって、ますます冷えるという意味なのだそう。
だからこれから更に寒さが厳しくなるのですね。

でも陰の気に負けてなんかいられません。
苦しいことも、悲しいことも、うまくいかないことも。
陽の気で陰の気を押しのけていかねば。

まだお正月の空気はそのままに、床の間に嵯峨面のお福さんと西村圭功作の漆のパネルをしつらえて。
パネルの名は【陰陽】
静かに陽の気が満ち溢れていくような
凛とした空気を放ちます。