すっかり季節も移ろいで秋ですね。
私は毎日【レレレのレ~】と、秋の庭と格闘していました。
庭の木々も色づき始めてきたなーと思っていたら
お隣に住むおばあちゃまが『お庭の”花ゆず”がとってもたわわに実っているの~よかったら収穫に来ない?』と!
『えー!いいんですか!なんて嬉しい!!』
実は実は、数日前からうちの窓から見えるお隣の黄色い柑橘の実が気になっていた私。
緑の時は葉に馴染んで気づいてなかったのですが、ぐっと気温が下がってきたころ、黄色く色づく実が目につくようになって、『ずいぶんたわわ♪なんの柑橘かしら♡』と、1個だけ実っている我が家の”ライムではないはずの柚子”をちらちら横目に、羨ましく思っていたのでした。
早速お隣のおばあちゃまについて行って、近くで見るとまあ立派!
見上げるほどの大きな木に、ピンポン玉よりちょっと大きいくらいの実がぎっしりとぶら下がっていて、枝が垂れ下がるほどに実っていました。
『これ、”花ゆず”っていうのよ。私がここに住んで50年、こんなにたくさん実ったのは初めてよ~』
おばあちゃまがおしゃべりしながら、慣れた手つきでナイフを片手に枝ごと”花ゆず”を切って私に渡してくださって、次から次へと沢山渡してくださるので『こんなにたくさんいいんですか⁉』と言うと『若いんだからまだ持てるわよ~腐りゃしないんだからもっと持っていったらいいじゃない~私ひとりじゃ食べきれないから♪』
と、持てないほどの”花ゆず”をくださいました♡
お庭の旬の実りを”お福分け”いただくなんて、なんてありがたいことでしょう!
まずは、きれいな枝ぶりのを床の間に飾って、あとはお料理に♡
おばあちゃまに感謝しつつ、究極の至福に心ときめくひと時です♪

そしてもう一つ。
私の”ライムではないはずの柚子”も”花ゆず”と確信♡
私のはまだ青いけれど・・・収穫の時が楽しみです。