不揃いの野菜のちっちゃな「もぎ茄子」が袋詰めになって売られていました。
茄子の種類は記載されておらず「もぎ茄子」とだけ。
賀茂茄子に似た丸っこいフォルムのミニミニ茄子。
大きくなれなかったから「賀茂茄子」は名乗れないのでしょうか。
でもとってもかわいくって、弾けんばかりに皮が張っていて見るからにおいしそうなミニ茄子。
ピンポン玉くらいのと、ミカンぐらいのが合わせて12個ほど入って199円。
不揃いの野菜たちはお手頃なお値段です。
ピンポン玉くらいのは茄子の煮つけに、ミカンぐらいのはオーブンでじっくり焼いて田楽にしてみました。
揚げると色もきれいに仕上がるし、油との相性も良い茄子ですが、お年頃の私はもっぱら焼く派。

へたの部分をきれいに切り取って水にさらします。(仕上げに帽子にするので、くるんとなったへたの先を切り落とさないように気を付けて!)
上部に十の字に半分くらいの高さまで包丁を入れて、良質のオリーブオイルを回しかけて、250度のオーブンで25分ゆっくり遠火で焼きました。
へたは残り10分ほどの時にオーブンへ投入。
焼けたら田楽味噌を乗せて、柚子の皮を散らして、へたの部分を帽子として乗せたら完成です。
赤味噌の餡も好きだけれど、大体は白みそ派。
いつもは山利の白みそにみりんを入れて味噌餡を作りますが、今日は京都御池の八百三の柚子みそが手に入ったのでそれを使いました。
八百三の柚子みそはお友達にいただいてから虜になって、時々買い求めます。

とろっとろの茄子田楽。
夏のごちそうです。
不揃いの野菜の茄子がびっくりするようなおいしい田楽になりました!

八百三の柚子みそ https://www.yaosan-yuumiso.com/