脱プラスチックの次はどこへ向かう?
SDGsへの取り組みから、使い捨て紙ストローがよく使われるようになったけれど、皆さんどうですか?
「紙ストローは好きじゃないから外してそのまま飲んじゃうわ」ってお友達もいたりします。
私は「ついてきたならば使うけれど、なんか紙の味がするような。。。そしてへにゃってなってきてるような。。。」としっくりこないが我慢して使ってる派です。
味は紙なんだから仕方ないとして、へにゃってなるのが早いのってストローとしてどうなの?
と気になり始めて。
水に浸けて実験してみました!
結果は、なんと10分もしたらへにゃへにゃになってしまいました。
これでは本を読みながらとか、おしゃべりしながらなんてゆっくり飲んでいられません!
「ストローが元気なうちに飲み干さなくっちゃ!」と忙しないですね。
そしてそもそもの『使い捨て』の概念を捨てていかないといけないのではとも思います。

じゃあどんなストローがいいのか。。。
百均ショップに行ってもいろいろ売られています。
カラフルなプリントをされた紙ストロー、シリコンにステンレス。。。
私もいろいろ試してみましたが、カラフルな紙ストローは気分がガーリーに♡なるけれど、そこじゃない(*_*;
シリコンストローは口当たりがしっくりこないし、何といっても味気ない。
ステンレスのストローは冷たさが唇に伝わって、夏は気持ちいいかも⁈
でも鉄の感触が武骨な感じ。
そして薄いグラスに金属が当たるのって心配でしょう…

そうなれば本当にいいストローを作ろう!!と企画。
目指すのは、丈夫で繰り返し使えること。
ちゃんと洗えて衛生的なこと。
味に影響しないこと。
SDGsの取り組みにも、唇やうつわに優しいことも必要な要素です。

本当に納得のいく良いものに仕上がるまで試行錯誤は続きます~

麻乃屋ではSDGsの取り組みも始めています。
Gallery Asa Kyotoからデビューする日をどうぞお楽しみに!!